派遣社員と請負契約の違い

ビジネスの場面で派遣契約や請負契約を行う事は多くあり、企業の大小に関わらず一般的に行われています。
この派遣契約と請負契約の違いをしっかり把握してビジネスを行わないと、違法と判断され、場合によっては法的に罰せられる場合があるので注意が必要です。
派遣社員は派遣元の派遣会社に所属し、依頼を受けて派遣先の企業に派遣され業務を行います。
派遣先の企業で仕事を行いますが、指揮命令は派遣元の会社にあるので、派遣先の社員は直接指示ができません。
指示や依頼がある場合は派遣元の担当者を介す必要があります。
一方の請負は仕事の結果に対して成果報酬を受ける契約を指します。
そのため、決められた期間内に成果を上げれば、労働時間や働く場所を依頼先から指示されることがありません。
ビジネスマナーや実務研修と違い、これらの雇用形態の違いを社員が受動的に学ぶ機会は多くありません。
直接、雇用契約に携わる部署でなくとも、理解しておかなければ思わぬトラブルに巻き込まれる場合もあるのでビジネスマンの必要知識として熟知しておきましょう。